2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

拍手

« SEX PISTOLS 1 | トップページ | SEX PISTOLS 2 »

マインドハンター

結構前に放送された外画「マインドハンター」をやっとみました。

成田さん御出演です♪

BLという名のワインを飲みながら見ました。

Image022

 

感想前に雑記。

キャラバンのチケットがオークションに出てました。

当日券も出るみたいなのでまあ売れないと思いますけど、

空席が出てしまうのも悲しいことですね。

こういうチケットは買ったはいいけど行けなくなったりすることが確かにあって、

私も今までそういうことがあったけど、さすがにオークションに出したりはせず

空席になったこともしばしば。

利益のためにチケットを買い漁ってオークションに出品する輩は

本当にどうにかして欲しいところだけど、チケットが手に入らなくて行けない人と

チケットが手元にあるのに行けない人がいる以上

空席ができてしまうのは勿体ないよなーと思います。

空席を作るぐらいなら無償で人に譲ったりすれば良いのでしょうか。

とはいえ譲渡もご遠慮くださいと書いてあるしなあ。

てかね、一番ジレンマを感じるのは、正規の値段で買った自分のチケットより

良い座席がオークションで買った方が安く手に入っちゃうような時です。

チケット売れてないんだなあと悲しくなるし。

 

そんなことよりキャラバンまであと一週間を切った!!!

今日キャラバン用のお洋服でも買いに行こうかと思ったけど

普通に雨降ってたので外に出る気にならず、家で寝てました。ひきこもり。

オークションのチケット番号が90-100の間と書いてあったのを見て、

案外両方とも番号良い方のかなーと思いつつ、

座席表出てないから浮かれることもできずやきもき。。

とにかくこの一週間を無事に乗り切れば、生成田さんです。頑張ろう。

 

こないだ買ったばかりのiPodを失くしました。

一体何をやっているのかと。

またBLが聴けなくなった。。

 

 

つーわけで感想いきます。

ネタばれありますのでご注意を~

 

■マインドハンター

マインドハンター [DVD]

<ストーリー>

心理分析官を目指し、超難関な最終試験に挑む7人の有望なFBI訓練生たち。

教官が用意した試験は、無人島にある特殊訓練施設で連続殺人犯を

分析(プロファイリング)し、その正体を暴くこと。

しかし、シミュレーションであるはずの試験で本物の殺人事件が発生し…。

FBI心理分析官に迫りくる恐怖を描くプロファイリング・アクション・スリラー!

(密林より引用)

 

<感想>

どんな話なのかノーチェックで見始めて、

冒頭の演習シーンで結構ワクワクして、どうなるどうなる!?

と思って見ていましたが、案外普通の連続殺人だったな。。

FBIの分析官候補たちが連続殺人犯に立ち向かっている割に、

あんまり分析しないんですよね。候補生だから仕方ないのかな。

教官がもうちょっと活躍したら面白そうなのになーと。

 

つかね、犯人の男がサラに惚れてる風なシーンが出てきたところで、

想いを寄せてる方か寄せられてる方のどちらかが犯人なのは

予測がつくわけですよ。

好きな人、あるいは好かれてると思ってる人に裏切られるっつーのは

かなりきついし、誰にでもわかりやすい感情だし。

そんなわけでどっちかな~と思いつつ、冒頭に出てきたサラかなあ

と思ってたんですが男の方だったか。

この人の過去話を伏線として出してくれたら面白かったんじゃないのかなあ。

TV版だからカットされてたのかもしれんけど、

両親を殺した過去とか突然出てきましたから。

 

そんな話はさておき、成田さん。

何を隠そう私はMaroon5というバンドがこの世で一番好きなんですけど、

映画を観てたらいきなりMaroon5の「Shiver」が流れてきて何事ーー!!!

と思ってたら成田さんが出てきて何事ーー!!!

まるで盆と正月が一度に来たかのようなあわただしさでした。

まさか成田さんとMaroon5がこんなところでコラボするとは思わなんだ。。

そういう意味でこの映画は永久保存版になりました。

ときめきをありがとう。

 

成田さんは自信家で頭も良い男で、おそらく映画の中でイケメン担当だと思われる。

(顔はそれほどイケメンじゃなかったけど・・・)

最初の方は結構喋ってたしイケメン担当なので落ち着きっぷりがかっこよかった♪

しかしながら、当然ですがあっさり死んでしまって。。

ああ悲しい。成田さん死んじゃってから映画見る気が50%くらい落ちました。

だってこの映画脇役とか出てこないしさあ。

そんなわけで密かに殺された中に犯人がいるパターンを期待してたのですが

(殺された3人の中で生きてる可能性があるとしたら成田さんだけだったし。

 他は足が折れて凍死と、首ちょんぱで血を抜き取られてる)

願い空しく、後半成田さんの声を聴くことはありませんでした。

 

とまあここまでけちょんけちょんに書いてますけど

最後の方はまた結構楽しめました。

何より頼りなかったサラが、ちゃんと頭を使って犯人を分析していたことと

犯人のルーカスが、FBIに解ってほしくて両親の傍にいたのに

ガムをくれたと憤っていたところ。

ルーカスはFBIに救いを求めていたんですかねえ。

おそらくかなり頭が良くて人を簡単に騙せてしまえる分、

本当の自分を見抜いて欲しい気持ちもどこかにあって。

両親を殺してしまった自分が危険なことも解っていたから、

本当はFBIに止めて欲しかったんでしょうか。

どちらにせよ他力本願というか、自白もしなかったくせに

見抜けなかったFBIを怒るのはお門違いも良いとこだと思いますが。

 

<声の出演>

サラ(キャサリン・モリス) 深見梨加

ルーカス(ジョニー・リー・ミラー) 川本克彦

森川智之/山路和弘/古澤徹/浅野まゆみ/清水明彦

成田剣/桐本琢也/河本邦弘/外村晶子/AKIKO

« SEX PISTOLS 1 | トップページ | SEX PISTOLS 2 »

雑記」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マインドハンター:

« SEX PISTOLS 1 | トップページ | SEX PISTOLS 2 »