2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

拍手

« キセキと広島(雑記) | トップページ | 秘書育成中。 »

暗闇の果てで君を待つ 桜葉編

遂にTRUE END制覇…!

とはいえ、スチルはまだ埋まりきっておりません。

全部揃ってるのは高坂先生と桜葉だけ。

これからまたフルコンプに向けて頑張らねばなりませんが、

とりあえず桜葉編感想を…

 

<攻略対象キャラクター>

葵水央(CV:高橋広樹) →攻略済

桜葉克己(CV:岩田光央) ←今回はこの人

風野太郎(CV:藤原祐規) →攻略済

穂波陽介(CV:斎賀みつき) →攻略済

秋山朋(CV:坂口周平) →攻略済

高坂貴彦(CV:成田剣) →攻略済

 

Sakuraba_nrml_w

 

以下、ネタばれを遠慮なく含みますのでご注意を。

 

 

桜葉克己。彼に関しては、非常に思い入れがあります。

何故なら、初めて暗君をプレイした時に選んだのが彼だったからであります。

その時、私は彼と一緒にセーブをしないで突っ走るという

無謀なプレイスタイルをとっていました。

 

慎重に事を進めていた私達は、運よく3回目のパートナー選択まで

生き延びることができました。

彼と一緒にパンを食べ、他の仲間達が捕らえられ…

必死に助ける方法を探しましたが、秋山を死なせてしまいました。

彼の涙は、今でも胸に焼き付いて離れません。

視聴覚室へ呼び出され、準備室で仮面の男を目撃し…

突然後頭部を殴られ、気付いたら彼は歯車に挟まれていました。

 

私は彼を助けるために、走り回りました。

非常ボタンがあるのはわかっていたのですが、

何故あのボタンを押せないのか理解できませんでした。

身長が足りないのかと思い、穂波が使った椅子を取りに行きましたが使えず…。

時間は残酷に過ぎていき、機械室に戻った時には、彼の姿はありませんでした。

 

真実に辿り着けないまま、物語は終わりました。

彼を…かっちゃんを死なせてしまった…

後悔が胸を締め付けました。

 

もう一度すぐに、彼と一緒に冒険をすることもできました。

けれど、どうしてもそうする気にはなれなかった。

何故なら、セーブデータが一つも残っていなかったからです。

私はあえて彼を最後に残し、他の人と行動することを選んだのです。

 

それから、17日が過ぎました。

その間、葵先輩を筆頭に、桜葉以外の面々を次々に攻略していきました。

物語の謎はどんどん解き明かされていきました。

桜葉が無事に廃墟を出るところを、何度も見ました。

けれど、最初に彼を助けられなかったことで、

本当に彼を救出したとはどうしても思えなかった…。

彼を攻略しなければ、私の中の暗君は終わらない。

そう、確信しました。

 

そして遂に、私は桜葉を攻略し、過去のトラウマから解放されることができたのです。

 

 

前置きが非常に長くなりました。

そんな思い入れのある桜葉編です。

 

桜葉好きなんですよー。

見た目と岩田さんの声のバランスが凄く良いと思うんです。

岩田さん、こないだイベントで拝見しましたが

実際に演技してる声を聞いたことはあまりなかったのですが

良いねーこの声。子供すぎず大人すぎず。桜葉にぴったりじゃないですか!

最初に選んだ理由もそれなんですよね。

 

でもって桜葉は幼馴染だけあって、唯一の癒し系でした。

どんなことがあってもにこにこしてくれるのはお前だけだよ…。

しかも最初から主人公に気があるっていうね。

その辺が非常に青春で楽しかったです。

桜葉相手だと主人公が天然(もしくは子悪魔?)になってしまうのが

ちょっと気になったけど、それはそれでおいしい状況ではありました。

 

序盤はまあ置いておくとして。

桜葉TRUE ENDのキーポイントはガスバーナーですねー。

最初のBAD ENDではガスバーナーが現れていることに全く気付いていなかったので

もし桜葉救出に成功しててもNORMAL ENDでした。

まさか何も言わずに物が増えてると思わなかったよ…。

気付いたのは秋山を攻略してる時です。(ぎりぎり!)

 

あの鎖でぐるぐる巻きにされてるロッカー、

穂波か誰かがああいうあからさまなやつって意外と何でもなかったりするよー

とか言ってたのと、それまで誰も触れなかったのとで開くと思ってませんでした。

(普通に考えたら開くに決まってるんだろうけど)

しかも、バーナー使う時にゴーグル使いますよね。

その展開で初めて、各キャラクターの道具を攻略に使えるということを知りました!

どうりで他の人のスチルが埋まらないはずだよ…。

おかげでフルコンプに一歩近づきました。がんばるぞー。

 

ロッカーの中に入っていたビデオ。

結局、お姉さん亡くなってたんですね。。

秀彦の絵に被せてお姉さんの声が聞こえるのがきもくてきもくて。

しかし桜葉TRUE ENDは秀彦の見せ場でしたね。

素晴らしく変態でした。貴彦さんが普通の人に見えるくらい。

これ見ると、二人の声が違って正解かなーと思いました。

 

告白シーン。

お断りすると泣き出す桜葉!!(笑)

「残念だけど、仕方ないよな」の岩田さんの言い方が神だと思う。

こらえてる!この子こらえてるよ!!(結局こらえきれてないけど)

この台詞だけ繰り返し何度も聞いてしまった。。

 

バーナーなしのNORMAL END。

普通のNORMAL ENDは主人公の語りだけですが、

桜葉はさすが幼馴染だけあって本人出演で嬉しくなってしまった(笑)

仲良きことは良いことですね。

 

仲間全員死亡のBAD END。

ホラーによくあるふりだしに戻るですね。

TRUE ENDを先に見てたのでふりだしに戻るのも納得。

秀彦の桜葉姉への執着は物凄いわ。。

« キセキと広島(雑記) | トップページ | 秘書育成中。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇の果てで君を待つ 桜葉編:

« キセキと広島(雑記) | トップページ | 秘書育成中。 »