2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

拍手

« きみには勝てない! | トップページ | JAPAN 乙女Festival 12日昼の部 »

艶悪

艶悪(いろのあく) (ゲンキノベルズ)

遠野春日 著/円陣闇丸 画

 

情熱シリーズ番外編でございます。

 

<ストーリー>

やくざの若頭・東原と弁護士の貴史が関係を持って半年。

会ったその日に東原の手中に落ち、その後何度となく体を重ねていながらも、

貴史は彼の気持ちを掴めずにいた。

常に東原の都合で呼び出されては、快楽に喘がされるだけの関係。

気まぐれで自分勝手な冷たい男だと思うのに、貴史は惹かれていくのをとめられない。

一方、東原の周囲は発砲事件がもとでにわかに緊迫感を増していき…。

(密林より引用)

 

<感想>

情熱シリーズの東原×貴史。

まだ佳人と遥が出会う前の二人のお話です。

 

読み始めた時にひそやかな情熱よりも前の頃のお話だと気付いたときは、

あれ?どうやって終わるんだこの話?となんだか半信半疑で読んでおりました。

というのも作者様もあとがきで書いてらっしゃいましたと通り、

当然二人がラブラブになる番外編を期待していたからであります。

 

結構意外だったのが、東原が最初から貴史をかなり特別と認めていたことです。

本編読んでる限りでは、東原的にはまだ貴史を本命と認めたくないか、

自分ではそうと気付いてないんかな?と思ってたので。

てっきり照れくさくて自分の気持ちを認めたがらない東原に萌えるための話かと…。

でもそうじゃなかったんす。

 

なんだよ東原腹ん中じゃ案外素直じゃねーかなんて思っておりましたところ、

貴史拉致→あいつを一生守る心意気!!!

みたいな展開になりまして(ちょっと捏造)、ようやく合点がいきました。

本編での東原の煮え切らない態度は、

照れ隠しでも何でもなく(もちろん少しは照れもあったでしょうけど)

全て貴史を守るためだったのです!!!

こ、これは…今までのを思い返すと

激 し く 萌 え る。

 

気持ちを隠す東原、それに気付かない貴史。

それでいて一途でいじらしい貴史。

良いじゃないか良いじゃないか。

本編後半とか遥と佳人にはばればれだった気もするが…

隠してるつもりで隠せてない東原もそれはそれで良いじゃないか。

 

私は受より攻のが好きになることが多いですが(遥ちゃん然り…)

このカップルに関しては貴史が大変好きです。

一途すぎて可愛い。

東原に愛してるとか言われたら絶対泣いちゃうよね。

 

 

なんか萌の話しかしてないな。

物語としましては、今回組長の息子が登場しまして、

こいつがカタギの癖に曲者という不思議な男でして。

どうやって育ったらこんなのになるんだろう。。

かなり変というか、面白いキャラでありました。

こいつと茶道家の話もなかなか良かったけど、

東原と貴史の印象が強くて、既に薄れ気味。。

そんな萌話でした。

 

<関連作品>

ひそやかな情熱

情熱のゆくえ

情熱の飛沫

情熱の結晶

夜天の情事

さやかな絆 -花信風-

« きみには勝てない! | トップページ | JAPAN 乙女Festival 12日昼の部 »

BL小説」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 艶悪:

« きみには勝てない! | トップページ | JAPAN 乙女Festival 12日昼の部 »