2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

拍手

« ひそやかな情熱 | トップページ | ネオロマンス・フェスタ12 23日昼の部 »

恋ひめやも

恋ひめやも (キャラ文庫)

英田サキ 著/小山田あみ 画

 

久しぶりに強烈な萌を感じたので。

ツンデレ好きにはたまらんですよ。

 

<ストーリー>

目前に結婚を控え、順風満帆な人生を送っていた棚橋。

ある日、出席した高校3年時の同窓会で、担任教師だった水原と再会する。

教師と生徒の関係では、遠い存在のように感じていた水原だが、

7年ぶりに会った彼は、ひとりの男として魅力的に見えた。

以来、口実を見つけては水原の元を訪れる棚橋だが、

次第に水原への恋心が育ってゆき…!?

(密林より引用)

 

<感想>

正直なところ、全体通してはそこまで萌えなかったんですが、

1つ目の話で大変萌えまして。

それこそ遥ちゃん以来の萌キャラ到来か!?と思ったくらい。

最近BL小説読むペースが落ち気味だったけどこの本に関しては

1日で読み終えた程度には楽しめたので、これはもう備忘録しとくしかないだろうと。

そんなわけで感想です。

 

もうとにかくね、水原先生のツンデレっぷりに完全KOっすよ…!!

遥ちゃんといい、私って本当ツンデレ好きだな…

でもツンデレだったら誰にでも萌えるわけじゃないのよ。

 

物語はちょっと珍しい攻視点で、ノンケの主人公が同窓会で元担任と出会い、

なんやかやあるうちに元担任に恋してしまうお話。

この元担任が水原先生、いや水原ちゃんです。←書いててキモい

とにかく無愛想というか、他人に興味なさそうな受け答えするんです。

なのに恋の話になるとなんか急に真面目なこと言い出したりとか、

不倫が辛くて職員室でこっそり泣いちゃったりとか、

元彼に流されて寝ちゃったりとか、

その姿をまんまと元教え子に見られちゃったりとか。

実は可愛いんじゃねーかオーラビンビンに出してくるんですよ。

 

でもそんなもんは序の口で、何より可愛かったのは

酔っ払ってノーガードになった水原ちゃんです。

もう、もうもうもう、普段無口で無愛想な可愛い子ちゃんが

酔っ払って急に素直になるとか反則だから…!!!

なんなのもうなんなの、棚橋じゃなくてもそら落ちるわ!

 

そんなわけで激しく萌えました。

1話目は完全に主人公視点で、水原先生は何を考えているかわからないけど

妙に可愛いツンデレとして描かれていて、それがもう凄く良かったんです。

水原先生視点も知りたいなーと思っていたところで、

2話目は水原先生視点でございました。ちょっとびっくり。

 

んで、作者様も後書きで書かれているのですが、水原先生、

他人から見ると素っ気無くて淡白に見えるのに、

確かにそういう一面もあるにはあるんですが、結構めんどくさい人だった…笑

なんつーか思った以上に乙女っつーか。泣き虫だし。

1話目の最後でも泣いちゃうので、え、ここで泣くの!?と思ったんですけど、

2話目ではもっと泣いてて。私、どちらかというと男らしい受が好きなもので、

そういう意味では2話目はあんまり萌えなかったのですよね、残念ながら。

逆に水原先生視点だと棚橋が妙に男らしくかっこよく見えて、

視点って物凄く大事だなーと思いました。

 

遥ちゃんも基本佳人視点だからかっこよく見えるんだろうな。

と、関係ない作品の考察を投下したところで、感想終了。

« ひそやかな情熱 | トップページ | ネオロマンス・フェスタ12 23日昼の部 »

BL小説」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋ひめやも:

« ひそやかな情熱 | トップページ | ネオロマンス・フェスタ12 23日昼の部 »